「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

【ゴジラ】伊福部昭

17分74秒2006-01-14 18:16:18

伊福部昭

107分74秒2006-01-16 21:55:24

>>1-4で良スレと判断するのも凄いなwww

とりあえずこれくらいで即死回避かな?

417分74秒2006-02-09 03:56:17

追悼でタプカーラ聴いたよ

すげえグルーヴ感

ごめ伊福部昭を祈ります

437分74秒2006-02-09 04:12:20

>>41

どこの音源?

447分74秒2006-02-09 04:27:42

>>43

伊福部 昭(1914-2006)

コレ

こういう曲はライブ版で拍手ブラボーがあった方がイイね

457分74秒2006-02-09 04:33:19

>>44

このページなんも情報載ってないじゃんw

こっち

60 ◆30rKs56MaE 2006-02-09 13:04:45

もう五時だが、まだ眠れない。

特撮板、昭和特撮板の追悼スレを一通り見てきた。涙が出て止まらない。

それと黒バックの件、申請しておきます。

647分74秒2006-02-09 13:49:40

>>60

h

せっかくだから、喪バージョンの看板をチャチャッと作ってみたよ・・・。。・゜・(ノД`)・゜・。

667分74秒2006-02-09 14:21:53

>>64

乙。でも、黒バックに黒だと分からなくない?

自分はよく分からないけど、伊福部氏はフランスと関係あったの?

677分74秒2006-02-09 14:24:41

>>66

このスレで作った残骸を流用したので・・・特に理由はありませんよ・・・

687分74秒2006-02-09 15:05:01

>>67

分かりました。

NHKFMのHPを見てたら、今日のミュージックプラザで

SF交響ファンタジーの抜粋を取り上げるみたい。

生放送だから、追悼なんだろうな。

72 ◆30rKs56MaE 2006-02-09 19:21:52

ゴジラ第1作では、最終兵器オキシジェン・デストロイヤーを水槽内で実験して魚が全滅するシーンで、

弦の高音域スルポンティチェッロ+トレモロ+グリッサンドの後にピアノの低音域クラスターが来る。

作曲年代を考えると(1954)、当時としてはかなり大胆な試みだったのでは。

リゲティの「メタスタシス」が同じく1954年、ペンデレツキの「広島の犠牲者へ捧げる哀歌」は1960年、

リゲティの「アトモスフェール」が1963-1965年・・・

あれ?これってひょっとしてすごいことなんでねーかい?( ゜д゜)

79Maimoerer(プリキュア) ◆MG64yE6TCE 2006-02-09 21:18:46

>>72 ピアノの低音域クラスターは戦前から活用例があったし

微分音の先駆者フォーゲルすら著書「管弦楽法」で述べた伊福部なら

余裕で出来た(はず)

94( ☆´ー) ◆PpNattILVM 2006-02-09 23:22:58

>>72 >>79

『管弦楽法』の上巻639頁で低音域クラスターを使った曲を紹介してた。

アイヴズの「ピアノソナタ第2番」。

81クセナキスのアトモスフェールwww ◆30rKs56MaE 2006-02-09 21:25:25

そういえば伊福部作品で同じくピアノの低音域クラスターを多用する、

戦前に作曲された「ピアノと管弦楽のための協奏風交響曲」では、

ゴジラの足跡のような記号を用いているらしい。

97年にパート譜のみが揃って見つかって蘇演され、キングレコードからCDも出ている。

837分74秒2006-02-09 22:00:07

今朝知って本当にショックを受けました。

実際に会ったことあるだけに余計悲しいです。

今色々聴いてまつ。

>>81

その記号って黛の「饗宴」のピアノパートに書いてる

ミッキーの手袋みたいなのに似てるとか?

887分74秒2006-02-09 22:41:22

>調性的ではあるが、彼はどのように西洋と東洋の様式を合わせるべきかについて多くの研究をした。

調性的では「あるが」

あるがって・・・・まるで調性を使うのが格下だみたいな言いかただな

89 ◆30rKs56MaE 2006-02-09 22:51:33

>>88

世界的傾向として調性音楽=保守的ととられる可能性が高いので、

原文では直後に来る「研究した」の対比として、実験的な立場であると言う

意味を込めて注記しておいた。

907分74秒2006-02-09 22:55:09

>>89

>調性音楽=保守的

そう思い込んでるのはお前の脳内。

かしこい聴衆は誰もそんなこと思ってないよ

ま、どうせリゲティの「メタスタシス」 だからなw

957分74秒2006-02-09 23:23:48

ゴミティとプーニョカワイス

>>90

そんな噛付き方しなくてもいいだろ。荒れる元だよ。

故人を偲んでマターリいきませう

987分74秒2006-02-10 01:37:08

>>90

IRCAMスレの粘着おつかれ。

おまえ、レイプレイプってうざすぎだから。

977分74秒2006-02-10 01:36:45

>>95

俺は今堀の曲はごちゃごちゃしているが、整理されれば潜在的だった面白さがもっと浮き出てくるものとしてある程度認めてはいるが、

今堀のこういう発言が嫌いなのだ。

やれ調性回帰は安易だとか、スペクトルうんぬんとか、macがどうのこうのとか、

まったくオタッキーで自分とその周りの世界にどっぷり浸っていて社会性がない。

1057分74秒2006-02-10 01:50:43

>>97

しゃーないのよ。

行き場がなくなって、アングラ、Aボーイどころの騒ぎじゃないほどのアングラで

身内通しで馴れ合ってるのが今の音楽界(ゲンオンってやつ)だから。

ブレイクスルーがあることを祈ってる。

おやー

997分74秒2006-02-10 01:41:55

>>98

何言ってんだ

男ならレイプだろ

レイプこそ究極の愛であり、最高の意思伝達なんだよ。

レイプもできないようじゃ面白い曲なんて作れない。

1027分74秒2006-02-10 01:44:20

>>99

あんたビョウキだよ。

I君に嫉妬して、レイプネタで粘着する前に、音楽で飯食っていくことを

第一に考えたほうがいいよ。

1037分74秒2006-02-10 01:47:06

>>102

別に飯食っていこうなんて思ってないし。

男同士の女話にレイプが出てこないほうがおかしいと思うんだけど。

1047分74秒2006-02-10 01:48:36

>>103

イフクベせんせいのスレだからもうやめる。

また今度ね。おやすみ。

1067分74秒2006-02-10 01:53:44

>>105

その、アングラなのは大いに結構なんだけど、身内ネタで馴れ合ってるのが嫌。

なんだか、IRCAMって世界有数の現代音楽機関なはずなのに、そこにいる奴が今堀みたいなのだなんて・・・

おやすみ

1517分74秒2006-03-05 15:29:09

か、川上さんですか。あえて地雷を踏んでみるか。

1527分74秒2006-03-05 16:49:01

>>151

以前の演奏会がヒドかったって話し聞いたけどどうなんだろ。

1567分74秒2006-03-16 21:07:22

>>152 ぐぐれ。 ただし露骨に書くと祟りが怖いから最近はみんな遠回しで上品な表現だ。

1627分74秒2006-04-27 21:35:01

厨房の頃、古希のコンサートに行きました。

会場にご本人がいらっしゃったのでサインをもらいました。

空いてるとこにはゴジラの写真でも貼ってね、と優しく言われましたよ。

1657分74秒2006-04-28 06:40:11

>>162

相手が子供のファンだったから気遣ったのかな?。

先生のお人柄が伺い知れる話ですね。

1677分74秒2006-04-30 10:19:25

>>165

言いたい事は分かるがまぁそう無下にするもんでもないよ

俺は行きます

1667分74秒2006-04-28 08:47:08

>>164

皮肉と嘲りを込めてブラバンと書いたのだが。

ま、分かんなきゃいいや。

1707分74秒2006-05-01 03:49:03

伊福部的にはこれはどうなんでしょう。

1717分74秒2006-05-03 19:12:41

>>170

これ何の曲だっけ?

1737分74秒2006-05-05 02:01:35

>171

パガニーニのカプリース。

1747分74秒2006-05-05 09:09:37

>>173

㌧。正直聴いたことない曲で分からんかった。

190宇宙の淫売女・おっぱいブルンブルン、太腿プリプリ2006-08-20 00:08:15

伊福部とMessiaenはやっぱりすご〜い・・・。

個人的美学への揺ぎ無い確信と

聴いて一瞬で誰の曲かわかるクセのあるEcritureを

石の上にも50億年でつらぬいた姿勢・・・

凡人風見鶏にはまねでき〜ん!

チラ裏すまそ。

2177分74秒2007-02-10 19:11:20

大阪に住んでいないので・・・やっぱり生は違うんでしょうなあ。うらやましい。

2187分74秒2007-02-11 09:09:35

>>217

響かせたい通りにどれだけ記譜出来るかが管弦楽テクの肝なんでしょう

伊福部昭作品はその点でも卓越してる

繊細に書き込まれたあの図太い音楽

いつかあなたにも実演を体験してほしいです

261( ☆´ー) ◆PpNattILVM 2007-05-29 19:16:24

伊福部の管弦楽法が絶版中の今は、

学生さんはベルリオーズの本で学んでいるというわけか。

2647分74秒2007-06-02 20:00:19

>>261

今どきの学生さん、学んでいればいいと思いますが・・・。

経験だけでも、けっこうイケると思いますが、

本来は、必携の書のはずであります。

2667分74秒2007-06-15 09:05:54

>264

※国人でつが、べんりなので使ってまつ。

時々漢字が画数が多すぎて、印刷ベタになってて

辞書の引きようがないのが困りまつけど。

2907分74秒2007-11-04 00:30:30

ゴジラが出てくるってだけだろ?

3097分74秒2008-05-03 19:28:07

NHKFMでブーレスク流れててびっくらこいた

「音源これしか無いんですよねー」とか

3607分74秒2009-02-25 21:41:25

伊福部とMessiaen って、なんか似てるよね。

アマチュア呼ばわりされるのを恐れず、わが道を行く〜、っていう根性が!

どっちも、アカデデミズムの似非インテレクチャリズムに付和雷同して、

自分のスタイルを見失ってしまう 群小midiocre 現代作曲家とエラい違いや!

音楽の押し付けがましさ、って点でも似てるし。w

3767分74秒2009-04-07 19:34:13

選集でやったような感じで磁気テープ前の映画音楽を再現して出してほしいんだよねぇ。

話は別だが東宝ミュージックから年内に地球防衛軍 宇宙大戦争 日本誕生出すそうだ。

3777分74秒2009-04-07 19:49:10

>>376 出来ればもう一度「オスティナート」みたいな企画をやってほしい。

「オスティナート」は、曲によっちゃ再現度は高いけど、全体的に「荒々しさ」が足りなかった。

上海交響楽団でも結構凄い再現度だったんだから、日本フィルハーモニー交響楽団あたりでやればかなり再現度の高い演奏になりそう。

>地球防衛軍 宇宙大戦争 日本誕生

どれも大好きな作品だけに嬉しい。

東宝ミュージックは、かなり気合の入ったリマスターをしてくれるので、期待大だな。

3817分74秒2009-04-08 19:26:28

東宝ミュージック/オフィシャルサイトでは東宝ミュージックに関する会社案内および業務内容に関する情報をご案内しています。

制作が遅れているSFシリーズをリリースしていきます。

「獣人雪男」(1955)から「緯度ゼロ大作戦」(1969)までの22作品、順不同とはなりますが、

今年は「地球防衛軍」(1957)、「宇宙大戦争」(1959)、「日本誕生」(1959)を考えています。

日本誕生はSFではないですが、楽しみです。

3827分74秒2009-04-08 19:31:05

>>381

大蛇退治とかSFみたいだったから、SFに分類してもいいかと。

4237分74秒2009-08-18 23:10:54

ああ、そう?

なんかうろ覚えだけど、それって、

ペンタトニックの発展形として・・・とかだっけ?

4247分74秒2009-08-20 04:53:39

>>423

東洋の音階の最小公倍数ということみたいだが、

ヨナヌキはこれにおさまらないんで変だなと思った記憶がある

ピアノで鳴らしてみると、アラブというか中東の音階のように聞こえた

そういえば、伊福部先生の「サロメ」の中東風の旋律は、

このスケールにおさまるんじゃないかな

松平頼則の「近代和声学」を見ただけの知識なんだが、

記述が少い上に、当時チェレプニンの音楽を聴く環境になかったので、

そのまま忘却の彼方に

4257分74秒2009-08-20 07:49:42

>東洋の音階の最小公倍数

そうそう!

ほら、ペンタトニックって同音を主音としてパターンが5つできるじゃん。

それを5つ重ねちゃうと、9音音階できるでしょ?

それだけのことじゃなかったかなー・・・? 私もよく覚えてません。

Tcherepnin の曲って、実際には聴いたことないし・・・。

でも、あなたが

>ヨナヌキはこれにおさまらないんで変だなと思った記憶がある

・・・んだったら、私の思い違いかも?

4267分74秒2009-08-20 21:04:22

>>425

ただ、ヨナヌキも考えてみれば、

雅楽の音階に基づくものではあるが、

明治時代に教育上の必要から作られたもの

で、雅楽の音階は、平均率に基づいていないのだから、

ヨナヌキとニロヌキは微妙に違う

雅楽の音階を平均率にどう当てはめるかは、

議論の余地があるのかもしれない

4277分74秒2009-08-20 22:44:23

>>426

あ〜・・・、>>424の言ってる事は、

チューニングやイントネーションの話じゃないけどね。

>ヨナヌキも考えてみれば、

>雅楽の音階に基づくものではあるが

うそ

4287分74秒2009-08-21 01:35:34

コーカサスのいくつかのペンタトニックの合成だよね。

121121121だっけ?

メシアンの胃腸の限られた何やらの何番かににている

>ヨナヌキも考えてみれば、

>雅楽の音階に基づくものではあるが

>うそ

でも呂音階だよね

4307分74秒2009-08-21 09:18:19

>>427

> >ヨナヌキも考えてみれば、

> >雅楽の音階に基づくものではあるが

>

>    ↑

>   うそ

「ヨナ抜き音階」 「伊沢修二」でくぐれといいたいところだが、

ためしにくぐってみたら、これじゃわからんなと思った

どこから説明していいのかわからないんだが、

俗楽については、当時、上原六四郎の「俗楽旋律考」が出る前で、

理論的な研究がすすんでおらず、参考にしようがなかったという事情を考えればいいかと

あくまで、西洋音楽導入の手段だったんで、真の日本音階とやらにこだわる必要もないし

スコットランド民謡を教材に使いやすいという事情があったかもしれない

>>428

>コーカサスのいくつかのペンタトニックの合成だよね。

そうなのか

試しに、短調のヨナヌキのほうを試してみたら、

こちらはすべて収まった

5007分74秒2011-09-17 16:54:48

伊福部昭の作品評が情けない実情という話題が何度も出て、

映画音楽ばかり注目されてるとか、批評家がまともに論じてないとか言われてる。

その点で最近、特撮版で面白い話題があった。

伊福部昭が偏見を持たれる一因として、ファンにネトウヨが居るからだという指摘。

いい歳して怪獣映画が好きなだけなのに、音楽が伊福部昭だから民族主義と気取ったり、

怪獣大戦争のテーマを聴いて、自分が強くなったと錯覚したりと、まるで佐竹雅昭。

5407分74秒2011-10-20 10:22:56

でも何だかんだでゴジラは普通にカッコいいよねw

あれは今、聞いてもテンション上がるわ〜

5427分74秒2011-10-21 10:01:43

>>540

>>500

「怪獣大戦争のテーマを聴いて、自分が強くなったと錯覚したりと、まるで佐竹雅昭」

ということか?

5437分74秒2011-10-21 11:16:45

>>542

それ誰が言ったセリフだったっけ?

5507分74秒2011-11-08 02:55:51

>>543

>>500について言われたのは渡辺宙明サイトの管理人「ともとも」だな。

典型的なオタクネトウヨだから嘲笑された。

5457分74秒2011-10-24 16:20:26

佐竹は専用に編曲したものを作ってもらったでしょ。

「闘志天昇覇王佐竹雅昭」という曲。

それにしてはすぐ負ける。

5477分74秒2011-10-25 17:39:00

>>545

伊福部さんが編曲したの?

5487分74秒2011-10-25 20:01:18

>>547

伊福部先生が編曲しましたよ。怪獣大戦争マーチ→わんぱく→怪獣大戦争マーチという構成。

佐竹が直接依頼し、伊福部先生のお孫さんがファンだったという事で承諾したみたいです。

5497分74秒2011-10-28 18:59:22

>>548

そうなんですか

後半のやや静かな演奏を削ったのは、佐竹の意向に添う形だったのかな?

自分としては、あの部分があるから

曲頭に戻った時に、ますます高揚感が増すと思うんだけど

リング入場テーマだから、勇ましい部分だけにしたんだろうね

伊福部さんの曲は、印象的なマーチが多いけど

ほんとはマーチ(行進曲)ではなく

本人の話だとアレグロなんだってね

楽曲としてはバランの中で使われてたけど

フランケンシュタイン対バラゴンでの自衛隊シーンの曲が、子供の脳裏に焼き付いて

それがゴジラよりも強烈な伊福部体験だったなぁ

6097分74秒2014-03-10 23:11:48

ニコ動にアップされてたリトミカのトランスアレンジ、生楽器演奏でCD化したんだね。

伊福部昭生誕九十九年 白寿コンサートのCDを買ったら入っていて、驚いた。

この包容力の大きい感じ、まさに伊福部って感じ、何かあたたかい気持ちになったよ

6107分74秒2014-03-11 00:01:14

北海道讃歌とオホーツクの海と越天楽のCD化はよ

6117分74秒2014-03-18 02:45:10

>>609

トランスアレンジの人って、『ゴジ伝4』のオマケCDでドラム叩いてた人じゃないかな?

>>610

『北海道讃歌』のピアノと独唱版だったらCD化されとる。

・・・・・・そー言う事じゃなくて??

6137分74秒2014-03-18 22:57:44

>>611

トランスと99年の編曲は吉原でゴジ4とはまるっきり関係ないよ

99年の時斜め前にいて超コワモテだった、全曲の中で吉原のアメノウズメの舞が一番衝撃的で良かったのにCD入って無かったぞ

6167分74秒2014-05-03 16:27:23

「音楽は音楽以外の何者をも生み出さない」がモットーだったからねえ

作曲家の個人的な境遇を売りにしたのは嫌でしょ

6177分74秒2014-05-03 18:02:28

三枚目、意外に聴きごたえがあったw

>>616

佐村河内は奏者の境遇までも売り物にしたからねえ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする