「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

【源泉の感情】平岡公威・三島由紀夫の詩♭♯♪

1名無しさん@お腹いっぱい。2010-09-10 13:58:59

★小説家として有名な三島由紀夫ですが、幼少時、多くの詩を書いています。

本名、平岡公威

大正14年(1925年)1月14日、東京都四谷区(新宿区)永住町2に

父・平岡梓(元農林省水産局長)、母・倭文重の長男として誕生。

三島由紀夫関連過去スレ検索

dat落ちした前スレ

11名無しさん@お腹いっぱい。2010-09-10 14:11:04

「見知らぬ部屋での自殺者」

骨董屋の太陽のせゐで

カーテンの花模様も枯れ

家具は色褪せ 空気は

黄色くただれてゐたので

その空気に濡れた古鏡に

わが顔は扁たく黄いろに揺れた

……やがて死は蠅のやうに飛び立つた

うるさくかそけく部屋のそこかしこから

平岡公威(三島由紀夫)14歳の詩

30名無しさん@お腹いっぱい。2010-09-12 03:08:12

るsこりすこ

193名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-28 16:35:11

言葉はその人に在つては、附せられた素材性を払ひ落し、事実を補へるのではなしに事実のなかに生き、

言葉そのものがわれわれの秘められた願望とありうべき雑多な反応とを内に含んで生起します。我々が手段として

言葉を使役するのではなく、言葉が我々を手段化するのです。——かくて叙事詩人は非情な目の持主です。

安易な物言ひが恕(ゆる)されるなら、人間への絶望から生れた悲劇的なヒュマニティの持主だと申しませうか。

お嗤ひ下さい。僕の聯想はあちこちと急がしく飛びまはつてさぞ貴下をお困らせするだらうと思ひます。僕は

廿世紀の思潮が原子爆弾によつて決定されたなどと威勢のよいことは申せません。あの耀かしいヒュマニズムを

行動の原理と恃んで出発した十九世紀思潮の、継子として生れたのが廿世紀でした。廿世紀は何を発見したこと

でせう。まだ危険な試みの繰返しにすぎないではありませんか。次々と惨鼻な戦争がおそひかゝり、その間々に

もたらされた平和は、死刑囚が最後の日を待つ安楽な数日にすぎませんでした。

平岡公威(三島由紀夫)22歳「M・H氏への手紙——人類の将来と詩人の運命」より

253名無しさん@お腹いっぱい。2011-05-09 17:12:53

「海と夕焼」は、奇蹟の到来を信じながらそれが来なかつたといふ不思議、いや、奇蹟自体よりもさらにふしぎな

不思議といふ主題を、凝縮して示さうと思つたものである。この主題はおそらく私の一生を貫く主題になるものだ。

人はもちろんただちに、「何故神風が吹かなかつたか」といふ大東亜戦争のもつとも怖ろしい詩的絶望を

想起するであらう。なぜ神助がなかつたか、といふことは、神を信ずる者にとつて終局的決定的な問ひかけなのである。

「海と夕焼」は、しかし、私の戦争体験のそのままの寓話化ではない。むしろ、私にとつては、もつとも私の

問題性を明らかにしてくれたのが戦争体験だつたやうに思はれ、「なぜあのとき海が二つに割れなかつたか」

といふ奇蹟待望が自分にとつて不可避なことと、同時にそれが不可能なこととは、実は「詩を書く少年」の

年齢のころから、明らかに自覚されてゐた筈なのだ。

三島由紀夫「『花ざかりの森・憂国』解説」より

261名無しさん@お腹いっぱい。2011-05-24 10:54:34

ああした人種、ああした歩き方、あれがいつまでこの世に存続して行けるであらうか。私たちもその一員であつた、

閑雅なあまり頭のよくない、努力を知らない、明るい、呑気な、どこともしれず、生活からにじみ出た気品の

そなはつた学習院の学生たち、あの制服、あの挙止、そしてあの歩き方、そのすべてが象徴してゐたある美しいもの、

それ自身頽落を予感されてゐたもの(私の十数年の学習院生活はその予感のなかにのみ過ごされました。)が、

今や鶯色の汚れた作業服を刑罰のやうに着せられ、靴は埃にまみれ、トボトボと不安気に歩いてゆくのを見て、

私が目頭を熱くしたのも道理でございます。帰途学習院へ寄つてみて、あの焼跡を見、後輩たちをみて、

相似た感慨に搏たれました。

平岡公威(三島由紀夫)

昭和20年7月3日、清水文雄への書簡より

473名無しさん@お腹いっぱい。2017-01-27 14:02:39

200 この頃流行の名無しの子 2015/11/19(木) 20:57:06.01 ID:6OnfbVs1

>>193

そうそう、「あの」クソカマキリだよ

ひきこもって毎日毎日ず〜〜と2ちゃんねるに張り付いて、見えない敵と戦ってる統合失調症。

おーい殿、お前の家のまわりでは大勢でお前の事を監視しているぞ〜〜www

ストーカー的言動1:「大勢でお前の事を監視しているぞ」

254 この頃流行の名無しの子 2015/11/21(土) 01:21:20.96 ID:KoQ122DC

>>253

だからお前が殿だろwww

みんな知ってるぞwお前の事見てるからなwwwwwwwww

ストーカー的言動2:「お前の事見てるからな」

265 この頃流行の名無しの子 New! 2015/11/21(土) 12:46:19.98 ID:z9hLUgpN

>>261

殿は渡邊さんのこと好きなんだろ?

いい加減こんなことやってないではっきり言った方がいいぞ

ストーカー的言動3:「渡邊さんのこと好きなんだろ」

キチガイ最終章!煽ってやらせて打つ!新 宿古 着屋発狂自滅方程式!

どんな餌にも飛び付くキチガイの浅ましさ♪ブタ箱とはよく言ったもの♪大爆笑

販売業者の名称  有限会社コー ルドターキー/DC BANK  代表取締役:渡邊弘宣

販売業者の住所  〒160-0022 東京都新宿区新宿3-12-11 石井ビル2F Phone:03-5269-3675

世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。

↑オークションの評価や告発されたストーカー悪事の数々が見れます!!

344名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-14 15:07:24

「風と私」

風は丘をこえて、わたしの足下に達(とど)いた……。

……丘の向うに「春」があつた。

山々に拡がる空気の波紋。

朝は、鋭ぎすました冬空の下に展(ひら)く。

雅やかな音の 早瀬よ。

風は青ざめた森のなかにそれを見出だし、

わたしは白い冬木の陰にそれを開き、

遥かな呼吸を思惟し、

その呼吸を共にするべく、風をかきわけて

進み出た。

呼吸は丘の向うから、

ゆるやかに、おほどかに流れて来る。

白い桃の花弁が早瀬をはしり、

もう一つの流れと合して、紅い一片と交はる。

け高い香水におとした紅のやうに。

平岡公威(三島由紀夫)14歳の詩

349名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-17 00:06:14

>>344

しょぼい詩だな。まあ厨房のポエムはそんなもの

347名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-16 14:31:53

「不信」

かくも透明(す)きたる硝子さへ、

その切口は青いのだ

ましてや君の双の目(まみ)

あまたの恋も蔵(かく)せよう。

平岡公威(三島由紀夫)15歳の詩

356名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-01 13:56:36

>>347

ラディゲのぱくりじゃねえか(笑)

348名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-16 14:33:46

「火と水についての小曲」

炭火のそこの朱色の水

その水(みな)そこの水の影

炭の黒さにちらばつて

きえる、またゝく火の砂は

あの夜の湾の町(ちまた)の灯

われらが心のすなどり灯

もえたつ、あつさ

君の頬……

われらが頬のほてりにや。

平岡公威(三島由紀夫)15歳の詩

354名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-28 20:58:35

熟語や抽象語に頼りすぎたへたくそな詩(笑)まあ、三島は小説家だよ。詩人の感性はない。

380名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-14 10:54:23

>>354

同意。抽象的な詩が多すぎる。

383名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-20 22:58:25

今の若い奴らは貴族なのか

親のすねをかじり南蛮渡来のものを買う

おまえらの回りにはいと高かなものばかり

いにしえの奴らはないてるぜ

そんなことでいいのか

南蛮人にあこがれて

384 【東電 83.3 %】 【28.3m】 電脳プリオン ◆GDSZsj1GHk 2012-04-26 22:18:56

読み方わからん→倭文重

385名無しさん@お腹いっぱい。2012-05-11 14:18:29

>>384

ふみえ

387 【東電 80.3 %】 【26.3m】 電脳プリオン ◆GDSZsj1GHk 2012-05-12 13:05:22

>>385

395名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-24 18:52:04

多くの人が漫然と思い込んでいる

真理・真実・現実・事実・史実は一つだけ

怒り・憎悪・悲しみは自然な感情

戦争・テロ・犯罪・虐め・差別は無くならない

躾に体罰は必要

学校を何度変わっても虐められるのは、虐められる側に原因がある証拠

死刑を廃止すると殺人が増える

などの論理的間違いを解説ちう m9(`・ω・)ビシ

義務教育では教えない 感情自己責任論