「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

我が家の氏神を決めようと思います

1名無しさん@京都板じゃないよ2010-11-01 23:41:44

本来の意味の氏神です。

先祖が決めた氏神はもう調べようがないので、どうせ本家筋じゃないだろうし

ここらで一つ改めて我が家の氏神を決めればいいじゃないかと思ったのです。

どの神様がいいでしょうか?

200名無しさん@京都板じゃないよ2016-10-18 09:58:21

>>1

勝手に決めとけチンカス

202名無しさん@京都板じゃないよ2016-10-18 21:12:09

>>1

イエスキリストがいいよ

204妖輝緋 ◆nI1XtBVN/k 2016-10-29 16:37:50

>>1

自分自身の人生上のピンチを救ってくれた神様を柱とする霊団(神社)か、

その神社を統括する大社にしなさい。

あとは、稚拙でもいいから数年若しくは10年更新の家訓書を作成して、

何故、氏神様として祀るかを実体験を元に子孫に伝えなさい。

因みに、同じ神様を祀るにかかわらず「○○神社の神様」とかいった

へんてこな表現は、柱(とある神様)を元に結集している取り巻き衆が違うから

実際的な御利益や顕界への認識・見解が違うんですよ。

大山祇様という御一柱様を取り上げても、

「あれ???この神様・・・、山の神様なんじゃないの?

なんでこんな御利益もあるんですか???」

って不思議に思う神社があるんです。

ただ・・・、近くで自ら不幸な結末を選択している人間の方々を見ていれば、

霊団の方針としては分からなくはないと思いますよ・・・。

205名無しさん@京都板じゃないよ2016-10-29 18:53:32

>>1

どう考えてもキリスト教を信仰したほうがいいよ

それが世界のメジャートレンド

5名無しさん@京都板じゃないよ2010-11-02 00:22:20

他で祀られてないようなマイナーな神様の方が

祀ったさしあげたら喜んで色々してくれるんじゃない?

24名無しさん@京都板じゃないよ2010-11-04 12:35:52

賭け事のために計られて犯されるなんて可哀想な日売さま

42名無しさん@京都板じゃないよ2010-12-27 13:33:28

>>24

それでも妻としてちゃんと子を産んでるところがすごいよな

27名無しさん@京都板じゃないよ2010-11-13 00:09:21

怨霊だもんね

負け犬イメージあるし

35名無しさん@京都板じゃないよ 2010-11-28 14:32:22

>>27

徳川家康が関が原合戦の勝利を祈願して成就したことから、

勝運の神様とされていますよ。

51名無しさん@京都板じゃないよ2011-03-30 16:10:50

自分の歴代の先祖を祖霊神として祀ってでっかい廟建てればいいんじゃないの?

先祖はどんな人にでも確実に存在するから実在する神様だと言い張れるし、

歴史的には東アジアの皇帝や王様にとっては最もメジャーな神様だ御先祖様は。

守ってもらうというよりかは子孫が責任をもって祀るという性格が強いけど。

52名無しさん@京都板じゃないよ2011-03-31 08:19:28

>>51

>自分の歴代の先祖を祖霊神として祀ってでっかい廟建てればいいんじゃないの?

ついに神社を建てろという意見が出てきたかw

56名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 12:59:25

稲荷が一番ご利益ありそう

58名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 13:31:32

同じ神様を祀ってる神社もないようなマイナーな神様なの?

60名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 14:09:10

>>58

レス有難うございます。

同じ神様を祀っていれば、その神社ではなくても良いんですかね?

同じ神様でも神社が違えば性質も異なるというような事を聞いたことがあるのですが・・・

62名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 14:18:05

>>60

神様が同じなら同じだよ。

63名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 14:25:39

>>62

本宮と勧請社という関係では無いのですが、同じですかね?

64名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 14:30:53

神様に祈るのか神社に祈るのかどっちなんだお前は。

67名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 16:01:14

>>62、>>64

横から失礼。

>神様に祈るのか神社に祈るのかどっちなんだお前は。

これはちょっと微妙な問題なんだよね。

同じ神仏を祀っていたとしても、霊験がある所とない所がある。

また、同じ神仏であっても土地や縁起などにより、神徳(所謂御利益)が異なることも多い。

つまり、神様に祈るのか神社に祈るのかというのは、そう単純に割り切れる問題ではない。

社寺というのは、祭神や本尊にその土地の気や歴代の祭司者達の念、

更には無数の氏子崇敬者達の念が重ね餅のように重なっているものだから、

同じ神仏だからといって全く同じ神格であるとは言い切れないんだよ。

73名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 16:17:23

神社庁の見解ね。

でもそれだと、何で同じ祭神を祀っているのに

全く異なる神徳を謳う場合があるのかの説明がつかないよね。

75名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 16:25:40

>>73

説明はつく。

逆に「あ、俺そのジャンル無理。絶対無理」という神様はいるの?

だったら金運関係が無理な神様が氏神に当たったら

その地域の人はどれだけ祈っても金運には効果ないよね。

縁結びが無理な氏神だったらその地域の人はいくら祈っても(ry

78名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 16:49:34

>>75

説明になってない。

何故、同じ祭神なのに異なる神徳を謳う神社が存在するのと聞いてるんだよ。それに、

>逆に「あ、俺そのジャンル無理。絶対無理」という神様はいるの?

いつから日本の神様って全知全能の神様になったの?

80名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 17:09:59

>>75

氏神様は個々の御神徳の以前に「地域や氏子を守る」という大前提があるわけだから、

「氏子にとっては」万能的存在かもしれない。氏子以外では話は異なる。

79名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 16:53:21

また、たとえば八坂神社で祈願して御利益があったら八坂神社に御礼参りに行くよね。

まさか、同じ祭神だからといって氷川神社に御礼参りには行かないでしょ。

椿大神社で祈願して御利益があったら椿大神社に御礼参りに行くよね。

同じ祭神だからといって猿田彦神社や白鬚神社に御礼参りに行って済ます人はいないよね。

そういうこと。

87名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 18:07:08

>>79

いやもう単純に、神社庁と2ちゃんの名無しのどっちを信じるかっつーだけの話なんで。

82名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 17:42:25

>>80

崇敬会涙目w

85名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 18:01:59

でも得意分野がイマイチな神様が多いんだよねw

89名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 05:49:03

>>87

>だから遠く引っ越して産土神にお参りしたい時は

>近所で同じ神様を祀っている神社に行けばいい、と。

久伊豆神社はそれとは異なる見解を示しているね。

神様は空間を超えた存在だから、遠く引っ越して産土神にお参りしたい時は、

引っ越し先の氏神様にお参りすれば、同じ神様を祀っていなくとも産土神に通じると。

これはどうなの?

90名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 08:04:21

>>87

出雲大社で御利益があったら出雲大社に御礼に行くのが普通だと思う。

出雲まで御礼に行くのは面倒だから大国魂神社で御礼しときゃいいやっていうのは、人としておかしいよ。

88名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-16 18:31:04

とするとやっぱお稲荷さんかあ

91名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 13:29:14

>>89

同じ神様ですらなくてもいいのかよw

92名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 13:41:22

>>90

おかしいのはあんたの妄想による印象操作だよ。

「面倒だからここでいいや」じゃなくて

「お蔭をくれた神様にお礼参りする」ってだけだろ。

113名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 05:27:41

>>90と同じ印象操作だろう。

問題になってるのは「地方事務所にも議員先生本人がいるかどうか」なのに

さりげなく「いない」前提で的外れな方向に誘導してるんだからw

95名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 14:28:18

>>93

いや、>>92の考え方ではそれで良いんだと思うよ。

きっと>>92は、出雲大社に祈願して大国魂神社や小国神社に御礼参りをする人なんだろう。

俺もそれは違うと思うが、神道には教義がないので明確に否定できない。

結局のところ神道は、「神ながらにして言挙げせず」だから教えを垂れることはない。

だから、各人各様の考え方・受け取り方に基づいて信心するしかない。

>>89のように、同じ祭神でなくとも良いという意見もあるくらいだからね。

99名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 15:01:42

>>95

なるほど、確かに神道には教義がないから、各人の神道観で以って信仰していくしかない。

ならば、自分の神道観とは違うけど、>>92の神道観も尊重しなければならない。

ある意味、神道はかなり難しい宗教と言えますね。

98名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 14:56:18

まあそれぞれ好きにしろってことで。

100名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 15:05:25

>>98

だから細木みたいな婆さんに「女は拍手してはいけない」と言われても、

何も反論することが出来ないわけだなw

107名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-17 20:44:24

>>100

わざわざ反論しなくてもスルーすりゃいいだけ。

言うこと聞いてやる義務なんてないw

112名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 05:08:46

自演じゃなければ二人目の馬鹿

114名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 05:36:01

ああ、一度指摘されたことを言葉変えて再チャレンジしたのか

115名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 06:32:18

>>112=>>113=>>114

礼儀知らずの人間のクズ乙w

119名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 07:09:52

>>115

その「礼儀知らず」の論拠が的外れだと指摘されているのに

ごり押しするの?

116名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 06:37:09

神社庁は分祀に関して、蝋燭の火を別の蝋燭に分けることとしているね。

ということは、同じ火であっても別の火ということになるので、

同じ祭神であっても別の祭神ということになる。

118名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 07:07:38

>>116

それ神社庁じゃないと思うw

120名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 07:12:19

>>118

いや神社本庁だよ。

>>119

論拠もなにも、神社本庁がそう言ってるんだから仕方あるまい。

132名無しさん@京都板じゃないよ2011-06-18 09:47:11

しかも荒木とよひさが作詞じゃねーかよwww

荒木とよひさって有名な作詞家だろ。こんな歌も作ってたとはwww

154名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-24 09:11:36

お稲荷様は一生涯かけて信仰するよう心がけないとえらい目に遭うぞ

掃除やお供えをサボったり、此方の都合で祠を壊したり動かしたら、立て続けに不幸に見舞われた

…なんて話はよく聞く

勧誘が比較的楽な分、祀るのに気をつけないといけないんだよ

155名無しさん@京都板じゃないよ2011-11-08 00:09:20

>>154

くだらんわー。

具体的にどこの祠を動かしてどこの家がどういう不幸に見舞われたっていう

具体例が一切ないのに「よく聞く」ばっかり。

183名無しさん@京都板じゃないよ2014-05-04 11:13:34

転勤族の場合、その土地に合わせて氏神様、とかやっていたらどうなるんだ?

俺なんて10回以上引越ししていたわけだけど、毎回氏神様を加えないといけなかったのか?

そして、去るときにはバイバイ、なのか、一緒に連れて加えて行くのか。

誰か教えて。

私見でもいいので。

184名無しさん@京都板じゃないよ2014-05-04 12:03:17

>>183

とりあえず役所に行って「遡れるだけの除籍謄本を発行して下さい」と言って

明治初め頃か幕末あたりのご先祖様を確認してみては。

そして、そのご先祖様の住んでいた場所の神社を探してみれば。

太古の昔まではわからないかもしれないけれど、祖祖父などまで遡るといいのじゃないかな。

187名無しさん@京都板じゃないよ2014-05-04 12:42:40

>>184

よくわからないけど、一番最初の神様だけ祭れば、ということ、なのかな?

住んだところある神様を全部拝め、ではなく?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする