「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

フィフィ、尾木ママたちの教育論に違和感

1魅せられた名無しさん2015-12-05 12:26:26

フィフィ、尾木ママと息子3人東大・佐藤ママの教育論に違和感

“受験に恋愛は必要ない”“お手伝いはしなくていい”といった独自の教育法により、

3人の息子たちを東京大学の理科三類合格へ導いたとして話題の佐藤ママこと佐藤亮子が、

26日放送のお昼の情報番組『バイキング』(フジ系)のコーナー「尾木ママ英才教育に物申す!」に登場。

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹と、教育論をめぐり議論を交わした。

同番組を見ていたフィフィは、ふたりの教育論を聞きながら違和感を覚えたという。

【好評連載・フィフィ姐さんの言いたい放題】“受験に恋愛は必要ない”“お手伝いはしなくていい”といった独自の教育法により、…

14魅せられた名無しさん2015-12-07 19:24:18

>>1-11

11月26日のバイキング   尾木ママと息子3人を東大に入れた佐藤ママの英才教育について生激論

11月26日のバイキング 尾木ママと息子3人を東大に入れた佐藤ママの英才教育について生激論 👇…

遅刻や忘れ物が多い。どうしたらいい?

尾木ママ

失敗から学んで成長する

成功は失敗から得るもの

スポーツなどのアスリートもその失敗から次の成長につなげていくから。

小学生でも中学生でも高校生でも、自分でできる事は自分でできる力をつけた方がたくましく人間力が育つ。

あくまでもアシストという立場ならいいが、なんでも前もって親がやってあげるのは子供が成長する機会をとってしまうことになる。

佐藤ママ

防げる失敗は親が防ぐ

先生も忙しいし、子供を適材適所で成長させてあげるのが役割。忘れ物など親で少し手助けできればいいんじゃないかという考え。

私はどちらかというと尾木ママ派。世の中は甘くないですからね。

勉強以外の自分で自分のことをできる力、効率的に物事を考える力は総合的な人間力につながりますから。

16魅せられた名無しさん2015-12-07 19:29:47

>>14-15のつづき

11月26日のバイキング   尾木ママと息子3人を東大に入れた佐藤ママの英才教育について生激論

11月26日のバイキング 尾木ママと息子3人を東大に入れた佐藤ママの英才教育について生激論 👇…

反抗期が来るのが怖い…どうしたらいい?

尾木ママ

自立するために必要

反抗というのは人間の成長に絶対必要な時期。そこを乗り越えなければ成長というものはない。

親も言いたい事はスパッと言う必要はある。

これはだめよこれはいやなどと。だけど後追いはしないことが大事。

佐藤ママ

こないように育てる

反抗期というのは、小さい時に理解しない時に親が上からガミガミ言うからそうなる。

上からものを言わない、言葉遣いを気をつけて話しかけるなど、気をつければ必要以上の反抗は来ないという考え。

坂上さんは、親御さんがちょっと子供に遠慮してるというか、言いたいこと言わないで黙って見ていると言うのはまずいという考え。

これは共通点はあると思う。

何が原因なのかを聞いて理解してあげて、親として言うべき事は言うのが大事なんじゃないかな。

26魅せられた名無しさん2015-12-10 19:26:28

>>1-11 >>14-25

尾木ママと佐藤亮子は不仲か!バイキングで教育論で喧嘩生討論?

今回は、バイキングで尾木ママと佐藤亮子さんがバイキングで

教育論について討論されていました。

そこで、私なりに双方がどのような意見で生激論されていたかを

まとめてみました。

※リアルタイムでまとめていたので、意見に違いがありましたら申し訳ございません。

尾木ママさんと佐藤さんの深い意見を私の出来る技量でまとめてみました! 👀

Rock54: Caution(BBR-MD5:aea3fcc442ae669623a40c8bff7a82c4)

32魅せられた名無しさん2015-12-11 20:16:21

>>1-11 >>14-31

【芸能】尾木ママが3兄弟東大生の佐藤ママを一刀両断も「上から目線」に炎上

33魅せられた名無しさん2015-12-23 19:26:21

>>1-11 >>14-32

他スレでの、尾木ママVS佐藤ママの議論についてのご意見

29魅せられた名無しさん2015-12-10 19:34:51

>>26-28のつづき

反抗期が来るのが怖いがどうしたらいい?

尾木ママ

反抗期は自立するために必要である。

親で反抗期が来るのが怖いという人が多いが、

通過儀礼として当然あるものであるので大丈夫。

引きこもったり、反抗的な態度を子供がするが

親は子供を自分の思い通りにしようと深追いをしないようにする。

そうすることで、

時間の経過と共に親子の関係性が戻る。

佐藤亮子

反抗期が来ないように育てる。

子供に対して小さい頃から、

頭ごなしに言ったり上から目線でものを言うようにしない。

そうすることで反抗期の時期になっても

親への反抗がすくなくなるのでは。

37魅せられた名無しさん2015-12-26 19:47:06

>>36

尾木ママの教育論は現実離れしていて、一般人にはとても受け入れられるようなものじゃない

というのが、テレビ局側でも理解したのかも

43魅せられた名無しさん2016-02-09 00:45:34

>>38-42

妖しい宗教と尾木ママ、なんか関係ありそう

47魅せられた名無しさん2016-03-04 15:38:44

尾木ママ“ゲーム機バキバキ”は「方法論としてまずい」高嶋は毎日ため息…

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)が26日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)に生出演。ゲームをする時間の約束を破った息子のゲーム機を折り、賛否を呼んだバイオリニストの高嶋ちさ子(47)について「物を壊すのはいかがなものか。方法論としてはまずい」と持論を展開した。

“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)が26日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月〜金曜後1・55)に生出演。

ゲームをする時間の約束を破った息子のゲーム機を折り、賛否を呼んだバイオリニストの高嶋ちさ子(47)について

「物を壊すのはいかがなものか。方法論としてはまずい」と持論を展開した。

高嶋は12日付の「東京新聞」の育児コラムで、ゲームをする時間の約束を破った息子のゲーム機を折ったと告白。

ネット上では「怒るのと叱るのは違う」「しつけというより虐待」などと炎上する騒ぎとなっている。

この“ゲーム機バキバキ事件”に触れ、尾木氏は「親の気持ちも分かります。ゲームは依存性が高い。

(高嶋が)キレる気持ちも分かります」と一定の理解を示したものの、それでも「物を壊すのはいかがなものか」とバッサリ。

「(ゲームは子供にとって)大事なもの。方法論としてはまずいのではないでしょうか」と教育者としての見解を示した。

番組ではこの日午前中に、高嶋に電話取材。ネットが炎上していることに高嶋は「毎日ため息をついており、

子供たちからため息を禁止されてしまった」ことを紹介していた

48魅せられた名無しさん2016-03-04 15:39:59

>>47

02/29 08:40 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】

高嶋ちさ子「ゲーム機バキバキ」は厳しすぎ?

教育評論家・尾木直樹はゲームについて「“週末のみ”は厳しすぎ。

充電は週1回とすると子供が自分でゲーム時間の配分を考えるようになる。

一番の問題はモノを壊すペナルティー。

さらにこれが子どもからの提案だったため子どもの価値観が狂う」、東大理III(医学部)の3兄弟を育てた佐藤亮子ママは「小学生時はゲーム禁止だった。

休日や荒天時は“なし崩し”に時間が増えるため最初から禁止の方が良い。

そもそも“守れない約束”はしない。

“守れない約束”をした親が悪い」と話す。

玉川徹、石原良純、住田裕子のスタジオコメント。

週刊文春。

140魅せられた名無しさん2016-09-13 13:07:46

広瀬すず、何もかもボロクソに…監督の鬼指導に感謝

今や映画やテレビに引っ張りだこの女優・広瀬すず(18)が17日公開の映画『怒り』で、

あるショッキングな事件に巻き込まれる女子高生の役に挑んだ。

自らオーディションで役を勝ち取り、スパルタな指導で知られる『悪人』の李相日監督から“ボロクソ”に言われながらも、

歯を食いしばり必死に耐え抜いたという広瀬が、本作の撮影を振り返った。

『悪人』に続き、李監督が吉田修一のミステリー小説を映画化した本作は、

現場に「怒」という血文字が残された1年前の未解決殺人事件を軸に、千葉、東京、沖縄を舞台にした3つの物語が紡がれる群像劇。

母親と夜逃げ同然で沖縄の離島に移り住んできた泉(広瀬)は、無人島にこもるバックパッカー・田中(森山未來)と出会い、

不思議な魅力に惹(ひ)かれていく一方で、過酷な運命に直面することになる。

脚本を読めば読むほど、泉のことが知りたくなり、「自分の中で何かが変わりそうな予感がした」という広瀬。

自ら本作への出演を志願しオーディションを受けるが、「今回はものすごく緊張しました。想像以上に厳しかった」と述懐する。

そのときの広瀬について李監督は「持って生まれた魂の強さ、存在から放たれるエネルギーは他の人にない魅力。その魅力を引き出すためには現場で千本ノックかな」と語っていたが、予告は現実のものとなる。

広瀬は「初日はカメラを回してもらえず、リハーサルを9時間くらい。ほとんど、自分の感情と相手の感情を考えることに費やされました」と苦笑い。

「自分の心が動いたときに、相手の表情を見て、何を感じ、なぜその場面に至ったのか。

映画の中では17歳の泉ですが、それまでの17年間、男性にだらしない母親に対してどう思っているのか、それを踏まえて田中という人物をどう捉えるのか。役をつかむまでとことん考えさせる、

それが李監督の特徴なんです」。

142魅せられた名無しさん2016-09-13 13:15:24

>>140-141

ゆとり教育推進派の尾木ママには、厳しい指導が指導を受けた側から感謝されるという事実は理解できないだろう

>>77の佐藤ママの次男が、佐藤ママには感謝の気持ちはあるが反感は持ってないというのが、

尾木ママにはウソだと思っているくらいだから

143魅せられた名無しさん2016-09-16 07:57:17

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が15日深夜に放送されたテレビ東京「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12) に出演。自身のおネエ言葉のルーツについて語った。

尾木ママはおネエ言葉を駆使しているものの、妻も子もいる。「おネエではなくて、しゃべり方がおネエみたいな感じなのよね」と自身のスタンスを説明。

かつては“普通”のしゃべり方だったものの、若手教師時代にある習慣がきっかけで自然とおネエ言葉になったという。

教師生活は男子校でスタートしたものの、その後共学の中学校へ赴任。

同僚から「尾木さん、女の子とうまくいかないと集団で無視されたりしたら学級崩壊になったりして大変」とおどされ、女子生徒と仲良くなるために交換日記をつけるようになった。

おかげで各生徒と仲を深めることができたものの、「お返事書いているでしょ。書いているうちに似てくるのよ、文体が。

そういう女の子の言葉になってくるわけ、だんだん。その文体がこうなっちゃったのよ」。女子生徒の影響が口調にまで及んだことを明かした。

スポニチアネックス 9月16日(金)6時3分配信

>>101-102 >>140-142

尾木ママはああいう変な喋り方しなかったら生徒との関係が上手くいかなったぽい

結局生徒に媚びて甘いこと言ったり受け狙ったりして、教師をやっていた

佐藤ママや>>140-141のようにキツイ言葉を言うことは無理な関係だったんだろう

146魅せられた名無しさん2016-09-20 20:21:41

>>1-11 >>66-81 >>83-116 >>143-145

>尾木ママの教育論はファンタジー?    (>>2)

「ファンタジー」と言えば、現実には存在する人間の嫌な部分や辛い部分を一切取り除き、子供向けに作ったお話し

>>143の 「おネエ言葉」も、女子生徒向けにウケ狙いでやっている一種の作り物

尾木ママの人生でやることなすこと、全てが嫌なことから逃げた、子供ウケ狙いの「ファンタジー」のような…

159魅せられた名無しさん2016-10-06 14:54:38

>>66-81 >>83-125 >>127-158

>知識の詰め込みしかない東大生に厳罰を(>>149)

>2年間の監禁生活の後、脱出した女子生徒について、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が30日、 テレビの検証報道を中止するよう (>>152)

知識とか事実に基づいて、ものごとを考えようとしないから、尾木ママにデマやウソが多い

知識や事実に基づいてないもの=デマ、ウソだから

>尾木:僕、医学部の学生の講演会に呼ばれて、何回も行ってるですけど。医者になることは、はじめからわかってるわけでしょ。

彼らには世間がどうなっているかとか、幅広い知識や経験が非常に不足してるわけよ。 (>>70)

東大生の佐藤ママの息子を叩くときは「知識不足」で、>>149の東大生を叩くときは「知識の詰み込みしかない」

尾木ママは言うことが180度違っている

180魅せられた名無しさん2017-03-16 19:45:06

>>179

エジプト女はしつこいぞ笑笑笑笑

自分の匂い嗅げばわかるのに

203魅せられた名無しさん2017-06-17 02:25:15

フィフィのうんこはおいしいよ!