「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

加藤泰

1この子の名無しのお祝いに2006-09-09 23:02:23

ローアングルと同録。そして役者はノーメイク。数々の逸話語らいませ

う。

53映画華2007-07-23 03:04:25

>>1乙ナカーマ

加藤泰といえば最後の巨匠といったところですか。

加藤作品は劇場で見てこそ威力を発揮しますね、客席から見てローポジションの意味が

はっきりわかりました。みなさん是非名画座に行ってくださいね。さようなら〜キャッキャ♪

7この子の名無しのお祝いに2006-09-10 19:42:25

昔11PMに出たの見たことある

内容はほとんど忘れたがえらい人やなと思った

10この子の名無しのお祝いに2006-09-12 04:09:31

>>7

妥協を許さないしワガママだし、スタッフ・俳優とプロデューサーにすれば怖い監督でしょ。

撮影時間も長引くので困ったらしい。

「宮本武蔵」でも松坂慶子に平然と「掛け持ちではできない。いまTVに出とる?

他の仕事は降りなさい」という意味のことを言ったとか。仕方がないので降りたんだろうけど、

それを松竹が許すというのも・・・許さざるを得ない気迫があったのだろうけど。

沢淑子(任田順好)とデキてしまい贔屓して出番を増やしたり、「任田くんを

お通にします」とか言い出したり平気でしたらしいね。みんな呆れていたらしいけど。

まあそれでも撮れるんだから業界でも買われていたんだろうな。山田・野村も加藤シンパ。

11この子の名無しのお祝いに2006-09-12 08:17:41

昔TVでスタンダードにトリミングされた「宮本武蔵」観たことあるw

>>10

「天城越え」では、三村+加藤 v.s. 野村/松竹みたいな構図になったみたい。

21この子の名無しのお祝いに2006-10-08 00:26:45

三代目襲名で「偉い!」名演を見せた故・丹波氏との相性は悪かったとか。

森繁(故…ではない)も「あの穴掘り基地外」と言い、ロケでも仰角ローアングルにこだわる監督を毛嫌いしていたそうだ。

28この子の名無しのお祝いに2006-10-15 08:33:37

武士道残酷物語は、しっかり出来ていると思いながらもやや退屈した。

緊迫感とは違う息苦しさを感じたからだろうか?

29この子の名無しのお祝いに2006-10-15 18:56:05

>>28

ちゃうちゃう,「幕末残酷物語」でしょう?

そーか,「武士道」,初っぱなのゆがんた町並みとかから最後まで,好きだけどな。

自分はむしろ,加藤監督の現代物はもう一つかな。

単純なストーリーのものを,加藤流に見せるような作品(時代劇・任侠もの)がいいです。

「お竜参上」,でてきていませんな?

30この子の名無しのお祝いに2006-10-15 18:57:02

>>29

自分も間違えた。すんません…

新撰組なら,切腹ものですわ。

61この子の名無しのお祝いに2008-02-23 13:17:59

「俺も馬鹿よ、幼いときに別れた生みの母は

こう瞼の上下ピッタリ合わせりゃ絵に描くように見えたものを

わざわざ骨を折って消してしまった」

「瞼の母」は何回観てもこの辺で涙が出てきやがる。

62この子の名無しのお祝いに2008-02-24 20:53:39

>61

「瞼の母」は、おととし、パリの映画祭で公開されたけど、

嘲笑のまとになった。

上映中、錦乃助が、「おっかつぁん」というたびに、爆笑。

最後は、観客までが、「おっかつぁん」と叫ぶありさま。

ただ、不思議なのは、映画がだめだと、途中で席を立つのが当たり前なのに、

やつらは最後まで見ていたことだ。

72この子の名無しのお祝いに2008-08-09 19:52:53

この人の作品は、基本的に好きで、様式美がさえわたっているのが多い。

とりわけ、緋牡丹博徒の「お竜参上」には参った。

あの長まわしは天才的だとおもった。

ただ、日本的情緒が強い作品があるので、それは外国では受け入れられないだろう。

典型的な母物「瞼の母」では、フランス人たちが笑い転げていた。

77この子の名無しのお祝いに2009-01-23 01:19:28

陰獣DVD発売まであと5日age

86この子の名無しのお祝いに2009-09-23 23:33:58

>>85

人気がないというか、東映作品ほど知られていない、

という気がする。

90この子の名無しのお祝いに2009-12-22 18:56:05

BSに15年、スカパーに8年入っているけれど

日本侠花伝の放送は無いですね。

真木さんが逝去された時に、

放送があるかなと思ったんですけれど。

91この子の名無しのお祝いに2009-12-23 17:00:59

>>90

日本侠花伝、2003年に衛星劇場のリクエストアワーで放映されてます。

スカパーに8年も入ってて見逃すとはかなり間抜けですねw

93この子の名無しのお祝いに2009-12-28 20:51:15

>>91

衛星劇場は高いし、韓流ドラマばっかりだから入ってないんだよ。

あの作品は東宝系列だったから、

日本映画専門チャンネルでの放送を待っている。

109この子の名無しのお祝いに2011-06-22 14:48:43

シネマヴェーラ渋谷で上映中age

久々に瞼の母見たけど、やっぱり傑作だわ

118この子の名無しのお祝いに2011-06-27 16:35:03

私もヴェーラの客席の匂い苦手です

普通の劇場なのに臭うって点で浅名より下

120この子の名無しのお祝いに2011-06-28 09:33:31

>>118

お前、浅名行ったことあるの?

鼠、喫煙者、上映中に飲食、足を前の席に投げ出す、酔っ払いが突然喚きだす等々

コンビニ袋の音出すのも憚られるヴェーラの方が鑑賞環境は比較にならないほど上

だが、俺は加藤泰の任侠映画はあの猥雑かつ大らかな浅名で見るのが居心地いいけどな

123この子の名無しのお祝いに2011-06-28 16:47:01

>>120

ありますよ〜

全部経験済みです

単に個人的に浅名よりヴェーラが好かないってことで

失礼しました

149この子の名無しのお祝いに2012-06-09 18:01:59

桜町さんって、スカウトだったのか

154この子の名無しのお祝いに2012-06-10 08:42:20

>>149

トークショー行けなかったので、詳しく教えてぇ

155この子の名無しのお祝いに2012-06-10 22:55:21

桜町氏登場。薄緑色の和服。眼鏡つき。

司会の人がまだ席に到着していないのに「このたびは桜町弘子特集を企画していただきありがとうございます」と言って涙ぐむ。客も涙。

はい、次。

156この子の名無しのお祝いに2012-06-10 23:39:53

ねぇねぇ それから?

一生に一度のお願いでございます。1人で全部実況していただけないかしら?

加藤泰スレを盛り上げて皆の期待に応えるのは、日本中探しても>>155さん貴方しかいない。

さぁ、どうぞ。

170この子の名無しのお祝いに2012-06-22 02:40:44

>祝言すませて喜美奴(桜町)を人力車に乗せて辰五郎(内田)が走るシーンの映像と曲が素晴らしい

>北島三郎の曲名ご存知のかたいらっしゃいましたらお願いします

そのものずばりの曲名で「喧嘩辰」です

今ググってみたら

主題歌じゃないとか劇中で使われてないとか

嘘八百を書き連ねたブログが上の方に出てきた

こういう手合いはなんとかならんのか

仕事術のカリスマ中島孝志が贈る! 泣いて笑える感動ブログ!! ビジネス、仕事、成功、経営、人脈 発想、読書、書評、投資、経済 映画、音楽、B級グルメ 旅行、最新おもしろ情報!

171この子の名無しのお祝いに2012-06-22 06:31:18

>>170

ありがとうございます。

この曲調と、この映画を鑑賞後の爽快感とが実に似ている。

この映画の為に作られた曲なのでしょうか?ご存知のかたいらっしゃいましたらお願いします。

この曲、名曲だと思うんですが、当時はヒットしたのでしょうか?

173この子の名無しのお祝いに2012-06-22 22:30:25

>>171

レコードの発売が昭和39年4月1日

映画の公開が同年4月5日

ジャケットにも主題歌と記載されているので

映画の為に作られたものでしょう

ヒットしたかどうかは知りません

193この子の名無しのお祝いに2016-07-03 22:38:48

『骨までしゃぶる』は加藤泰が撮りたくて撮った映画?

194この子の名無しのお祝いに2016-07-09 03:58:25

>>193   廓が舞台の、虐げられた女郎たちへの応援歌のような映画。宣伝文句のような

エロチシズムは微塵もない。常連の桜町弘子主演作品だし、撮りたくて撮った映画だと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする