「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

北大路魯山人の考えた料理

1ぱくぱく名無しさん2008-11-11 20:46:44

北大路魯山人の考えた料理を語り合おう

30ぱくぱく名無しさん2008-11-22 19:11:05

刺身やつくりには、魯山人は、

山葵を醤油に溶かして食していたのかな?

鴨は山葵醤油で食べてたらしいが。

31ぱくぱく名無しさん2008-11-22 21:08:59

>>30

場に応じて、刺身に付けて食べたり、醤油にといて食べたりしていたみたいだよ。

手元に本がないから正確なことは忘れたが。

33ぱくぱく名無しさん2008-11-23 18:10:25

>>31

ワサビを溶かすかどうかは、

その時々の気分次第なのかな?

34ぱくぱく名無しさん2008-11-23 20:08:01

いや、気分次第じゃなく、食い物によって使い分けてた気がする。

すごい前の記憶だから間違ってたら悪い。

魯山人の著作集のどれかに書いてあったはずだから、暇なときにでも探してください。

36ぱくぱく名無しさん2008-11-23 20:56:00

>>30

>>31

>>33

>>34

刺身の時って、皆も山葵を醤油にといているのかな?

それは行儀が悪いとか俗説であるけど。

でも、TVで出るような板前さんでも、

よく山葵を醤油にといて刺身を食べているよな。

39ぱくぱく名無しさん2008-11-24 11:01:45

>>36

俺は刺身に山葵を付けてから醤油につけて食べる。

そうしたほうが俺にとっては旨く感じるから。

でも醤油にといて食べるのも別に否定はしないし、行儀が悪いとも思わない。

それに、外や人前では絶対にしないことだが、家で刺身を食べ終わった後の醤油に山葵をといてご飯にかけて食うのが俺は好きだ。

41ぱくぱく名無しさん2008-11-24 15:15:11

>>36

自分は味の濃い魚や脂の多い魚は溶いて食べてる

だから赤身は溶いて

白身は溶かずに食べることが多いかな

鮪やブリは山葵醤油を多めにつけて

鯛や平目は醤油少しつけて山葵のせて食べてる

白身の場合は山葵だけで食べる時もあるな

42ぱくぱく名無しさん2008-11-24 21:02:44

>>41

なかなか旨そうな食べ方ですね。

私も参考にやってみることにしたいです。

53ぱくぱく名無しさん2008-11-28 19:50:02

北大路魯山人と美味しんぼの海原雄山との違いを教えてください。

74ぱくぱく名無しさん2008-12-04 09:59:22

醤油と酒だけだったんじゃないの?

砂糖はなしで。

75ぱくぱく名無しさん2008-12-04 18:15:52

>>74

味醂は使用していたと思う。

95ぱくぱく名無しさん2008-12-09 20:49:22

むむむ・・・

料理の旨い人の砂糖使いには極意があるそうな

土を喰らう日々より

そういえば魯山人も化学調味料使うって言ってるね

96ぱくぱく名無しさん2008-12-09 21:06:40

>>95

腕のよい料理人は、

砂糖を適度に使うし、

甘味を旨く付けている。

また、化学調味料も魯山人は全否定まではしておらず、

確かに個人的に使用していると述べている。

あの、「美味しんぼ」のように化学調味料を

悪者のように全否定はしていない。

98ぱくぱく名無しさん2008-12-09 23:04:04

>>96

魯山人が生きてる頃、出端の化学調味料は高級な調味料とされていた。

97ぱくぱく名無しさん2008-12-09 21:49:52

こんなとこでぐだぐだ言うより、それぞれ著書を読めばいいんじゃないか?

Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

第三者が客観視したトゥール・ダルジャンの顛末は大岡昇平が書いている。

『あまカラ抄1』 ISBN4-572-00150-2 題名『巴里の酢豆腐』

> …去年パリにいたら魯山人がアメリカから廻ってきた。

> (略)フランス料理も無論まずいと来た。料理は日本が世界一だという。

> (略)癖のついてしまっている口で、口に合わない異国の料理にケチをつけるのもやさしいことである。

> それをやっていたのが、魯山人というジイさんだった。

> (略)魯山人がやおら風呂敷包をひろげて出したのは、醤油とわさびだ。醤油は関西の何とかいう

> うるさい醤油である。わさびは粉わさびだが、このごろは粉のほうがいいという説明である。

> そいつをガラスの底でこねている白髪の老人を、満堂の紳士淑女は珍しそうに眺めてる。

> コックもいつの間にか出てきて、そばにポカンと立っている。ジイさんの得意や思うべし。

…このあとは各自直接読んでくれ。

103ぱくぱく名無しさん2008-12-10 08:58:07

>>97

>『巴里の酢豆腐』

さすが小説家ですな(爆

>102

そんなに砂糖が好きならチリトテチンに砂糖かけて食えよ

さぞかし美味かろうw

100ぱくぱく名無しさん2008-12-09 23:33:51

>>98

初期の化学調味料は、純度も高くなく評判も今一で販売に苦心していた

121ぱくぱく名無しさん2008-12-11 10:58:43

「甘味が味覚を疲れさせる」君の料理センスはどんなものだろうなあw

魯山人と同じと勘違いしているかもな。

122ぱくぱく名無しさん2008-12-11 11:10:56

>>121

俺はそんな事言ってないから。念のため。

でも、塩味と甘みってのは確かに、酸味、苦味、うま味と比べ、単純に舌が反応するんだろう。

赤ん坊と同じでw

一方、食べる前に感じる色彩や香り、風味と言うのもかなりの訴求力がある。

136ぱくぱく名無しさん2008-12-16 19:30:55

どう抵抗しても、砂糖たっぷりな料理が野暮ったいことは変わらんよ。

家庭の味にまでケチを付けるわけじゃないが、料理道を貶めてはつまらん。

141名無し募集中。。。2008-12-17 13:49:53

魯山人のきまぐれサラダ

147ぱくぱく名無しさん2008-12-18 20:10:01

わかったからお前は角砂糖食ってろ。

149第三者2008-12-18 20:26:22

>>136=>>145=>>147=>>148

155ぱくぱく名無しさん2008-12-18 22:52:05

>>149

俺まで同一人物か!?

まあこのスレは全部俺の自演なんだけどな。実は。

184ぱくぱく名無しさん2008-12-24 02:22:31

今だって良く分かってないし。

養殖フグが有毒化する仕組みも謎だし。だから養殖フグの調理も免許が必要だし。

227ぱくぱく名無しさん2009-02-05 22:43:53

>>184

亀レスだが、フグの有毒化は貝を食べて体内に

毒素を持つため。

養殖フグで貝なんて餌でやらないから無毒なんだよ。

198ぱくぱく名無しさん2009-01-07 20:36:24

北大路魯山人は、ビーフステーキに和芥子が良く合うと

頻りに薦めていますけど、

皆さんは、ビーフステーキに和芥子のソースで食べたことありますか?

200ぱくぱく名無しさん2009-01-07 21:24:56

>>198

絶対合うと思う

俺も今度やってみるわ

207ぱくぱく名無しさん2009-01-08 16:41:14

>>200

実際に食べて見た感想を聞かせてね。

201ぱくぱく名無しさん2009-01-07 21:45:37

魯山人が好んだ和芥子ってどこで手に入るんだろう?

202ぱくぱく名無しさん2009-01-08 03:05:49

>>198

ある。醤油と和芥子。

牛肉とは絶対に合う味。甘みがあれば尚良し。

>>201

自分の舌を信じろ。

2082002009-01-08 21:44:32

>>207

おうよ。

最近は全く牛肉を食ってなかったが、

芥子との組み合わせを想像するだけで食いたくなってきたw

229ぱくぱく名無しさん2009-02-07 23:02:39

>>227

フグが有毒化する経路はいくつもあり

隔離された環境下のフグが有毒化した報告もあり、養殖フグは100%無毒であるとは限らない

230ぱくぱく名無しさん2009-02-08 02:18:37

>>229

確かに限らないが、現状で調べた限りでは

ふぐの毒素は貝毒性だから、貝を食わなくても毒素を発する

スイッチが入る要因がるんだろう。

231ぱくぱく名無しさん2009-02-12 16:46:52

魯山人は柚子こしょうって知ってたのかなぁ?

肉にはよく合うとおもうけどなぁ。

ところで山椒魚を食べたことある人はいませんか?

感想を聞きたい。

ずっと気になってしょうがない。

235ぱくぱく名無しさん2009-02-17 02:16:21

山椒魚料理やってる店以前TVで見たことあるよ

大山椒でなければ食ってもいいらしい

細かい部分は覚えていない

243ぱくぱく名無しさん2009-02-17 14:30:27

>>235

80年代初頭くらいまでハンザキ料理(台湾オオサンショウウオ)はあった。

台湾では保護が進んでなかったんだね。食べておけばよかった。

238ぱくぱく名無しさん2009-02-17 09:06:55

>>237

鮭の皮のほうが身より旨いからな

新巻の鮭の皮は最高に旨い

258ぱくぱく名無しさん2009-03-11 12:16:54

>>243 山椒魚の仲間の、ウーパールーパーをたくさん養殖してる人が、これからは食用として出荷に力を入れていくとテレビで言ってたよ。

食べたアナウンサーによると、あなごみたいな味らしい。

262ぱくぱく名無しさん2009-04-14 06:19:44

魯山人ってたいした舌してなかったんだろうな・・・

今の時代に生きていなくて良かったと思う。

263ぱくぱく名無しさん2009-04-22 19:26:18

>>262

>魯山人ってたいした舌してなかったんだろうな・・・

判断の根拠は?

273ぱくぱく名無しさん2009-11-20 22:37:46

>>263

その切り返しの根拠は?

よくある手だけど、自分の無知さらけ出すだけだから、

修羅場以外では使わない方がいいよ。

281ぱくぱく名無しさん2010-03-11 11:19:40

>>273

>>263

285ぱくぱく名無しさん2010-04-14 14:30:14

出典は忘れたわ

ただフランス料理を考案したフランスの有名なシェフが

著者にそう書いたそうだ

まあフランス料理と日本の料亭料理、とくに魯山人の料亭料理

料理を出す順番から、食器の色、盛り付け方

そっくりなの見れば事実だと思うけど

287ぱくぱく名無しさん2010-04-14 15:03:57

>>285

>フランス料理を考案

何を言っているのかわかりません。

それまでの歴史は?

エスコフィエって知ってる?

396ぱくぱく名無しさん

>>285

辻調の初代社長、辻静雄氏が、フランスから招いたボキューズやトロワグロ兄弟を

京都の有名割烹の千花(ミシュラン三ツ星)に連れて行ったのが始まりでしょ、その

影響が、ヌーベルキュイジーヌやメニュデギュスタシオン(小皿料理)に発展したと

いうことだな。

289ぱくぱく名無しさん2010-04-14 17:52:32

>>287

日本で親しまれているフランス料理のコースメニューのことだよ

エスコフィエくらいは知ってるけど

詳しいことは知らんし、ソースも出せないから

ウソをついてるわけではないですが

信じられないのなら「フランス料理のコースメニューと日本の料亭料理が非常に似てるのはただの偶然」

と思ってもらってけっこうですよ

たまたま料理を出す順番が一緒

たまたま食器の配色もよく似てる

たまたま盛り付け方までよく似てる

と思ってればいいと思います

290ぱくぱく名無しさん2010-04-14 18:04:59

ちなみに魯山人はフランス料理に否定的

フランスは土地が痩せていて美味しい野菜や料理の素材が採れないから。

フランス料理は全般的に、味がイマイチの野菜などをソースの味でごまかすのが基本になっている。

美味しい野菜や料理の材料の採れる日本で

その素材の味にこだわった魯山人がフランス料理に否定的なのは当然のこと

299ぱくぱく名無しさん2010-04-14 20:00:42

>>290

魯山人ってフランスにもちょくちょく出かけるような人だったの?

295ぱくぱく名無しさん2010-04-14 19:19:37

こういう人には何を言っても無駄なんだろうなあ

296ぱくぱく名無しさん2010-04-14 19:25:03

>>295

ググれ フランスでは常識らしい

300ぱくぱく名無しさん2010-04-14 21:59:33

>>296

「フランス料理」と言ったときに普通意味する内容とお前の脳内は相当ズレている

ヌーベルキュイジーヌという言葉があるということは、ヌーベルでない

伝統的なフランス料理があると言うことには思い当たらないんだろうな

ヌーベルキュイジーヌに魯山人が直接関与したことはまったくない

日本の料理屋で魯山人の息がかかったところは昔の星ヶ丘茶寮、

辻嘉一の息子の代の辻留だな

というよりお前はせいぜい中学生ぐらいだろ?

最近文庫で料理王国が出たので分かるところだけ読んでみて

魯山人とフランス料理のことを世の中で自分が一番分かったような気になったんだろ?

307ぱくぱく名無しさん2010-04-15 01:07:09

>>299

魯山人はフランスに出かけてピカソを叱りつけたことは有名だけど

魯山人の経営する星岡の客は、宮家や大物政治家や有名文化人だったし

チャップリンなどのスターや海外の政治家が来日したら

必ず星岡に立ち寄ったそうだから

色々な経験や知識はあっただろうね

304ぱくぱく名無しさん2010-04-15 00:39:48

>>300

> ヌーベルでない

> 伝統的なフランス料理があると言うことには思い当たらないんだろうな

そもそもオレは最初からヌーベル(一般的なコースメニュー)の話ししかしてないよ

それが理解できない馬鹿が絡んできただけでねw

322ぱくぱく名無しさん2010-06-07 18:25:19

名古屋に八勝館という有名料亭があるけど、そこに魯山人の器が約2,000点もあるんだ。

なんでも初代主人と魯山人が知り合って意気投合して、親交を深めたんだとか。

器は買い求めたのも多いが、宿代替わりだったり、注文してないのに請求書と一緒に

送りつけられたものもあるらしい。

時には梱包が雑でて割れてるのもあったが、主人は額面どおり払ったんだとさ。

古き良き時代の芸術家とパトロンかな。

323ぱくぱく名無しさん2010-06-08 00:55:12

>>322

一度は行きたい八勝館。

毎日毎日、自転車で八勝館の前を通る。

敷地の多くが団地とジャスコになっちゃってるけど、

緑も建物も、まだまだ多く残っているという。

でも最低で、お一人様2万円なんだよなぁ。。。

325ぱくぱく名無しさん2010-06-08 14:05:44

>>323

安っ

327山原雄海 ◆hQUrQ/8OU6 2010-07-11 00:10:47

>>325

料理は値段ではない。あくまでも味だ。

今日はマルちゃんの冷しラーメンを食べたが中々美味かった。

通常のスープ、ごまだれスープ、どちらも美味。

やはり具は何も入れないのが通であろう。

328うなばらゆーさん。2010-07-12 15:34:33

>>327

まるちゃんの冷やしラーメンだと?それは本当のラーメンか?

329ぱくぱく名無しさん2010-07-15 21:51:51

>本当のラーメンか?

難しいね

元々ファーストフードなんだから

インスタントの意味は合致している

手軽で美味というならインスタトラーメンこそが究極なのかもしれんよ

さて野菜を多量に入れて別鍋で茹でた麺で作るかな

野菜は鞘えんどう、長葱、玉葱、オクラ、大蒜の芽、キャベツだよ

野菜摂取と云う観点からも良いですよん

330山原雄海 ◆hQUrQ/8OU6 2010-07-17 00:48:50

>>328

本物かどうか決めるのはお前の味覚、つまりお前の舌だ。

>>329

お主、中々わかっているな。

インスタントラーメンは何も入れなくても美味い。

いや、手間をかけずに食べるところに真髄があるとも言える。

もし入れるのであればキャベツ、長ネギぐらいで十分であろう。

やはり王道はサッポロ一番の味噌か・・・。

チャルメラも昔より大分腕を上げたな。

331ぱくぱく名無しさん2010-07-20 12:43:26

>>330

おまえ何も解っていないなwあの台詞は彼の十八番だ。

363ぱくぱく名無しさん2012-04-04 20:54:05

残念ながらチョンには味がわからないんだよな。ちなみにチョンには芸術も

わからない。陶芸のできるチョンはいないし、書の書けるチョンもいない。

366ぱくぱく名無しさん2012-04-05 09:50:48

>>363

チョンは劣等種族ではあるが、例の一世を風靡した偽伊万里は九州のチョンが作ったものだぞ

驚くべきことに、中には腕のいい固体も存在するってこった

382ぱくぱく名無しさん2012-04-11 21:13:30

山城新伍って知っているかい?典型的な来なかった例だね。

398ぱくぱく名無しさん2013-10-24 23:27:49

フランス料理がオードブルから始まるコース料理になったのはロシア料理からの輸入。

ロシアの宮廷はフランス文化リスペクトだったから交流があった。

今のフランス料理の盛り付けというか、魚の扱い方とかポーションは、ヌーベルクイジーン

以降だな。これは>>396が言うとおり、辻静雄がポキューズやらトロワグロを招いて吉兆や千花に

招いたから。>>396は千花って書いてるけども、辻静雄は先ず日本料理の師匠

湯木貞一の高麗橋吉兆に連れていったからな。フランスから来る料理人は「吉兆」に連れていかれれば

最高の接待と考えていたみたいですな。

404ぱくぱく名無しさん2013-11-08 23:26:15

つーか魯山人が半島系って書かれててワロタわ

在日1世が日本に入国したのは1940〜1950年前後

魯山人が生まれたのは1883年

いわゆる在日朝鮮人と関係があるわけないわ

414ぱくぱく名無しさん2013-12-16 10:12:25

何の間違いだよw

神経抜き野郎

416ぱくぱく名無しさん2013-12-16 11:08:16

>>414

>>404の主張の論理誤謬。

>つーか魯山人が半島系って書かれててワロタわ

ってやつのこと。

>在日1世が日本に入国したのは1940〜1950年前後

>魯山人が生まれたのは1883年

だからといってそれ以前に半島系の人が日本に入って来てないことならない。古来より朝鮮半島から沢山の人が日本には入って来ている。

>いわゆる在日朝鮮人と関係があるわけないわ

ルーツ的に極めて近い関係がある可能性を否定できない。

423ぱくぱく名無しさん2013-12-16 15:18:57

>>416

読んでわからないか?無知なうえに頭悪いんだな。

>>404の主張は

>在日1世が日本に入国したのは1940〜1950年前後

>魯山人が生まれたのは1883年

ゆえに魯山人が半島系ではあり得ない。

従って

>いわゆる在日朝鮮人と関係があるわけないわ

という論理。

ところが

1940〜1950年前後 以前に半島系の人が日本に入って来てないことにはならないのは、古来より朝鮮半島から沢山の人が日本には入って来ている事実に明らかであり、

先の論拠からは魯山人が半島系ではあり得ないという結論は導き出せない。

また半島系の血筋である可能性が否定できないならばルーツ的に極めて近い関係がある可能性を否定できないのだから

>いわゆる在日朝鮮人と関係があるわけないわ

という主張も成立しない。

そんだけのこと。

435ぱくぱく名無しさん2013-12-23 10:00:58

>>423

お前、基本的なことわかってないだろw

「在日朝鮮人」として嫌われてるのは

1940年代前後に入国した朝鮮人(在日1世)とその子孫であって

「古来に来日した朝鮮人」と「在日朝鮮人」は分けて考えるのが普通なんだよ

431ぱくぱく名無しさん2013-12-19 04:20:33

魯山人は時代に持て囃されただけで過大評価の人

もちろん無能ではないにせよ自分や取り巻きが思っていたほどの傑物ではなく、俗物に毛が少し多目に生えた程度の人物

偏った性格のお陰で嫌われたりもしたが極端な性格ゆえに逆にウマの合う有力なパトロンがついたお陰で地位を得た

432ぱくぱく名無しさん2013-12-19 19:28:16

>>431

おまえさんは魯山人の焼き物見たこと無いのか?

434ぱくぱく名無しさん2013-12-20 03:42:25

>>432

いや魯山人も悪くないんじゃない?否定してないよ

ただ過大評価の気味があるという事実の指摘であって、

中々いいのもあると思うよ

まあ荒らすつもり無いから消えるわw

436ぱくぱく名無しさん2013-12-23 10:04:13

>>431

>>434

これこそ昔、流行した「魯山人否定派」の典型的な意見だなw

魯山人に周囲を見るとわかるが

目利きや実力者→魯山人肯定派

目が利かず時代に流された人たち→魯山人否定派

445ぱくぱく名無しさん2013-12-26 08:52:28

>>435

>「在日朝鮮人」として嫌われてるのは

>1940年代前後に入国した朝鮮人(在日1世)とその子孫であって

>

>「古来に来日した朝鮮人」と「在日朝鮮人」は分けて考えるのが普通なんだよ

お前バカだろ

半島系ってのが1940年前後からの在日朝鮮人とその子孫に限るわけじゃないだろ何言ってんだ?

438ぱくぱく名無しさん2013-12-23 14:07:40

>>436

正直、魯山人のどの作品が数多ある芸術品の中で群を抜いて素晴らしいと思うか

根拠を添えて教えてくれ

447ぱくぱく名無しさん2014-01-05 17:37:55

>>445

普通は、半島系っていうのは1940年前後からの在日朝鮮人とその子孫に限るよ

「あの人は朝鮮系だ」といった場合、一般的には

1940年前後からの在日朝鮮人とその子孫のことを指している

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする