「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

夢野久作

1吾輩は名無しである2010-11-02 09:58:21

もっと評価されてもいいと思うんだが…

6吾輩は名無しである2010-11-02 17:52:31

>>1

ゴミスレ立てんなクズ

16吾輩は名無しである2010-11-04 00:01:30

>>6

夢野をゴミ扱いするゴミはどこのどいつや!

29吾輩は名無しである2010-11-10 00:24:29

探偵小説の三大奇書の中で一番おもしろいのは『ドグラ・マグラ』だよな

35吾輩は名無しである2010-11-11 01:08:21

>>29

他の二冊は何?

32吾輩は名無しである2010-11-10 13:12:37

ドグラ・マグラの映画版が見たいが

レンタルショップに置いてあるんだろうか

ツタヤには置いてなかったが

34吾輩は名無しである2010-11-10 20:54:32

>>32

デカいレンタルショップならたまに置いてる。ヤフオクにもあるんじゃね。

全然面白くないよ。

36吾輩は名無しである2010-11-11 02:46:20

>>35

中井英夫『虚無への供物』と小栗虫太郎『黒死館殺人事件』だろ

60吾輩は名無しである2010-11-16 15:57:31

まあ乱歩は小6くらいだと思うが。

74吾輩は名無しである2010-11-19 19:42:25

エンターテイメントか芸術かってこと。

言葉による芸術表現が文学。通俗に流れているかどうかだな。

その判断は読み手に委ねられる。アホな読み手には分からんよ。

93吾輩は名無しである2010-11-22 12:55:39

才能あるなしは別としてラブクラフトも久作も後世にこれだけ語り継がれてる

訳だから作家冥利に尽きるだろう。

97吾輩は名無しである2010-11-23 20:05:54

>>93

語り継がれてるっていうか

「ドグラマグラという精神に異常をきたす奇書を書いた人」っていうのが

独り歩きしてるだけのような気がする。

それでも冥利に尽きるならいいんだろうけど。

129吾輩は名無しである2011-02-07 12:04:13

ドグラマグラの表紙の絵の女性のオ○ンコの部分が角川文庫という文字で隠されてるが

ちゃんと描かれたのだろうか?絵の原画が見たいです。

130吾輩は名無しである2011-02-07 14:14:21

>>129

米倉斉加年の画集「masakane」(集英社、1981年刊)に収められた絵に

『アムネスティ’80』と言うタイトルの作品があります。

ピエロの化粧を施した囚人が背中に子供と花束を背負い、

両手は手錠をはめられたように束ねられ変な方向に曲がっており、

手錠と口はドグラ・マグラの”角川文庫”の箇所と同様に

黒い帯で塗りつぶされ、そこから血が滴り落ちています。

私の予想ですが、多分ドグラ・マグラの黒い部分はデフォじゃないかと。

132吾輩は名無しである2011-02-07 20:42:35

20数年前とある結核隔離病院に入院してたが、そこの敷地内にある図書室に江戸川乱歩や横溝正史などと一緒に置かれていた夢野久作…

陰鬱な気持ちとも相俟ってのめり込みました。

この人の作風が好きです。言うなれば脳天気な絶望感ですかね。

133吾輩は名無しである2011-02-08 22:15:44

>>132

病院の中の人の趣味か、それとも患者からリクエストがあったのか、

なんだか凄まじい蔵書の病院図書館ですね・・・。

因みにどの本を読まれまたか覚えてます?

134吾輩は名無しである2011-02-08 22:20:24

>>132

その病院、患者を治すつもりないだろwwww

135吾輩は名無しである2011-02-09 00:45:23

>>133 確か角川文庫の人間腸詰と押絵の奇跡だったと思います 今考えてもあの図書室は妙な雰囲気が漂ってました

>>134 結局治るまで一年かかりましたよ 退院して落ち着くまで10年くらいかかりましたが 又思い出して読み始めました

136吾輩は名無しである2011-02-09 14:57:45

>>135

>確か角川文庫の人間腸詰と押絵の奇跡だったと思います

マヂですか?

角川の人間腸詰には「無系統虎列刺」が入っているのですが、

患者さんが夢野久作の本を読んで具合が悪くなったとか

クレームは来なかったのかしらw

145吾輩は名無しである2011-03-01 06:24:29

死後の恋の解説頼む

148吾輩は名無しである2011-03-06 12:21:08

>>145

読めばわかる。典型的な夢野文学。20年も前に読んだから記憶がおぼろだが面白かったのは

確か。さほど長くないし読んでみて下さい。

149吾輩は名無しである2011-03-09 23:35:53

いや、読んだんだけどイマイチ分からん

なんで最後に皆宝石受け取ら無いのか分からん

読解力が無いから頼むorz

150吾輩は名無しである2011-03-10 09:36:03

>>149

パターン1

語り部のおっさんの頭が狂ってて、話しも全部創作で、創作だからもちろん宝石も偽物

パターン2

語り部のおっさんの頭は狂ってるが話は真実で宝石も本物

でも聞いてる人達は狂人のたわごとと思って取り合わない

パターン3

語り部のおっさんの頭は正常で話も真実で宝石も本物

でも聞いてる人達は狂人のたわごとと思って取り合わない

こういう色んなパターンが推論できる含みを持たせたお話ってことさ

おいらの夢野初体験は「骸骨の黒穂」

すごく短いけど強烈で強烈でw

現在出版されてる夢野本には多分もう収録されてないんだよね

青空文庫で読めるんで良かったらどうぞ

153吾輩は名無しである2011-03-10 19:08:34

>150 解説thx そうゆう事なのね、

169吾輩は名無しである2011-04-19 09:11:27

ケツから寄生虫ちぎってあぶって食う人の話が読みたいんだけど

なんだっけ?

夢野がインタビューした筑豊の大物の話

170吾輩は名無しである2011-04-19 18:27:01

>>169

食ってはいないだろwww

火鉢の縁に並べて貼り付けただけだ

172吾輩は名無しである2011-04-20 19:14:25

>>170-171

ありがと〜!

そうか食ってはないのかwww

211吾輩は名無しである2011-09-22 21:51:40

ドグマグ途中で読むの中断して、瓶詰の地獄を読んだ。

すげー読みやすかったわw

ちっちゃい女の子の話が面白かった。

222吾輩は名無しである2011-10-25 17:57:11

ブルーレイレコーダーの検索機能で一週間前に偶然見つけて

即効予約録画した俺、まさに勝ち組w>少女地獄

ロバート・キャンベルのトークもあるみたいだよ。

224吾輩は名無しである2011-10-26 00:56:00

鉄槌が一番面白くて好きなので

友人に薦めて詠んでもらったら「韓国ドラマみたいな話」と言われた

見たことないからどう似てるのか知らんが好きな作品を貶められる時に一番屈辱的な言葉だな

225吾輩は名無しである2011-10-26 22:15:29

僕は「一足お先に」が短編の中では一番好きなんだが、

これが好きだ!っていう人すくなくない?気のせい?

2ちゃんねるの夢野関連スレとか見ても殆ど名前挙がらない気がするんだよね・・・

>>224

そんな韓国ドラマあるのか・・・

俺の中の韓国ドラマのイメージと鉄槌は1ミリもかぶらないのだが・・・

233吾輩は名無しである2011-11-02 14:25:33

>>225

おお、同士よ!

「一足お先に」いいよね。病院モノの中では一番好きだ。

まあマイベストは「氷の涯」なんだが

227吾輩は名無しである2011-10-28 15:32:01

>>222

今回の放送見た限りではロバートさん出てこなかったな。なんでだろ・・・?

>>226

そうか・・・あのオチが物凄く鮮烈だと思ったのだがな・・・・。

でも文体も設定も、極端な夢野らしさがないのは確か。

228吾輩は名無しである2011-10-28 18:54:05

>>227

来週のトークの回で出てくる>ロバート

229吾輩は名無しである2011-10-30 12:33:51

>>228

なるほど、そういうことか

ウィキペの説明読んだんだけど、よく分からなかった。

サンクス!

257吾輩は名無しである2013-03-15 17:23:35

o                        と

。 ,. -ー冖’⌒’ー-、            思

,ノ         \            う

/ ,r‐へへく⌒’¬、  ヽ          キ

{ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、  モ

/プ‾`y’¨Y´‾ヽ—}j=く    /,ミ=/  オ

ノ /レ’>-〈_ュ`ー‐’  リ,イ}    〃 /  タ

/ _勺 イ;;∵r;==、、∴’∵; シ    〃 /   で

,/ └’ ノ \   こ¨`    ノ{ー–、〃__/    あ

人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐’´ 〃`ァーァー\  っ

. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ  た

/   |   |::::::|\、_________/’   /:::::/〃

272吾輩は名無しである2013-10-02 09:59:31

>>257

310吾輩は名無しである2014-01-16 17:42:17

夢野久作さん ありがとう

392吾輩は名無しである2017-10-03 08:44:09

吉野朔実の漫画『瞳子』で

主人公の女子大生が「崑崙茶」について語る下りがある。

ただ、崑崙茶は紙の上に茶葉をのせて

紙の下の香りのついたお湯を飲むのに

瞳子は「香りをかぐだけ」と言っているのがちょっと。

あと、これを読んで興味持った読者がいても

青空文庫だと『狂人は笑う』の一編あつかいで

「崑崙茶」というタイトルでは検索できないから

たどり着けないんじゃないかと不安

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする